最新ニュース
メインメニュー
活動紹介メニュー
投稿メニュー
ニートが85万人と言われている。
NEETとはNot in Employment, Education or Trainingの略で、
「職に就いていず、学校機関に所属もしていず、そして就労に向けた具体的な動きをしていない」若者を指すそうです。
タイプとしては、
 1:今が楽しければいいタイプ
 2:典型的な家に引きこもるタイプ
 3:就職を前にためらうタイプ
 4:社会に出てから適応できなくなるタイプなどがあるようです。

何をしたいのか分からない、回りの人たちと一緒に仕事をする自信がない、
仕事をしなくても生きて(生活して)いける。
などなど簡単に分析は出来ないことだと思うけれど、現社会の特徴となってきている。
1年間に生まれる命が、約100万程度と考えると、85万人という数は非常に大きい。
子ども期に、生きる力、未来を切り開いていく力を身につけるには、何が必要なのだろうか?
(大人になってからでは遅いよね)本気で考えなければ・・・
引きこもり 数十万人 不登校37人に一人  年間自殺者3万人・・・ 

三田

その63 『ネットで本音を・・・・』
ƥ꡼ȥå
2005年

その61 『子育て支援というけれど・・・・』
活動アルバム
広報 一覧
酸欠中学生 一覧
OH 酸欠中学生時代
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年以前
このサイトについて / 個人情報保護ポリシー / リンク/ ダウンロード/ お問い合せ/ サイトマップ
+ + theme design by kitahotaru