最新ニュース
メインメニュー
活動紹介メニュー
投稿メニュー
7月18日に 中学教諭の山崎忠彦さんの講演会が開かれた。
テーマは「子どもを取り巻く状況(学校は今こうなっている)、だから、子ども劇場の活動はここが大切」
というものでした。

8月に行われる「子どもキャンプ」のスタッフも多数参加し、全体で42名になった。

学校に通うほど、勉強が分からなくなる・・・
その現状に驚く同時に「子ども時代の喪失」と言われたことが印象に残った。

本来の子ども時代には
 ①自然とのふれあいから気がつかないうちに身につけていた事
   ◆がまんすること 洞察力 見通しをもつこと などなど

 ②仲間の中で身につけていた事
   ◆異年齢の集団の魅力

 ③集中すること ホッとする事のメリハリ

 ④親のことも忘れるくらいの時間の使い方

などなどだ。

まさに夏に行われる「子どもキャンプは」子ども時代を取り戻す活動であった。

三田

その65 『前回の「酸欠」の話題から・・・』
ƥ꡼ȥå
2005年

その63 『ネットで本音を・・・・』
活動アルバム
広報 一覧
酸欠中学生 一覧
OH 酸欠中学生時代
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年以前
このサイトについて / 個人情報保護ポリシー / リンク/ ダウンロード/ お問い合せ/ サイトマップ
+ + theme design by kitahotaru