最新ニュース
メインメニュー
活動紹介メニュー
投稿メニュー
特別支援教育の事が話題になりました。 

特に知的障害を持たない発達障害の子どもたちを対象にした特別の支援教育の話である。
小学校・中学校では、通級・固定学級という制度があり、通級学級(週に1日程度通う)へ通う子どもたちが増えているとの事である。(今回はその話し)
知的障害を伴わない発達障害(主に高機能自閉症という)には、ADHDやアスペルガーなどがある。
病名はともかく、その子達は、自分の興味のあることに没頭し回りが見えなくなったり、
他人とのコミュニケーションをうまくとることが出来ないという症状があるようだ。

友達関係がうまくいかない、友達や先生とも、目を合わす事をしなかったり、回りの状況に関係なく行動したりする。
「なんでこんな事が分からないのか」といらだつ大人。
しかし、発達障害に原因であると分かれば、接し方が変わって来るはずである。
(なぜ発達障害が生まれたかという原因は明らかになっていないそうです)
一人一人にあった接し方や教育がますます求められてくる。
学校の中では、決められたルールや画一的になりがちな指導の中で、出来ない事もたくさんあるはず。
地域で活動している子ども劇場ならではの文化活動の中で、
人が大事にされる体験を増やしていくことが求められているのではないだろうか?

投稿 F
ƥ꡼ȥå
2007年

その91 『安心な社会って?』
活動アルバム
広報 一覧
酸欠中学生 一覧
OH 酸欠中学生時代
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年以前
このサイトについて / 個人情報保護ポリシー / リンク/ ダウンロード/ お問い合せ/ サイトマップ
+ + theme design by kitahotaru