最新ニュース
メインメニュー
活動紹介メニュー
投稿メニュー
高校受験のシーズンが終わろうとしています。
中学3年生にとっては、人生の大きな節目となる時期である。
受験期間も大幅に伸び、12月中に私立の推薦入学が決まり(スポーツ推薦等)
1月〜2月頭に、都立や私立の推薦が決まり、2月に私立試験、3月上旬に都立の発表である。
ある中学校では、2月上旬に、学校の4割が推薦入学で決まっていると聞く。
ほっとした生徒とこれから試験という人達の入り混じった雰囲気が大変だと想像出来る。
また、クラスの生徒同士さえどの高校を受験するのか分からないという。
金八先生のテレビドラマでは、「○○君らは、○○高校推薦試験に行って来ます!」と先生、
「がんばれよ!」とみんな。
なんて事は、まったくないとの事である。
確かに、受験であるので、希望通りに行く人や、そうでない人もいる。
12月から始まる推薦試験、失敗を何度も味わう人もいるだろう。
暗黙の了解として、合格者は、クラスの前のドアから入る事、不合格者は後ろのドアから入る事。
だそうである。これは、「優しい」事なのだろうか?
中学生同士が、励ましあったり、慰めあったりする関係は、難しいのだろうか?

三田

その72 『卒業』
ƥ꡼ȥå
2006年

その70 『ギャル文字』
活動アルバム
広報 一覧
酸欠中学生 一覧
OH 酸欠中学生時代
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年以前
このサイトについて / 個人情報保護ポリシー / リンク/ ダウンロード/ お問い合せ/ サイトマップ
+ + theme design by kitahotaru