最新ニュース
メインメニュー
活動紹介メニュー
投稿メニュー
自然との関わりから自然と身についていたもの・・
という話があった。
その意味でも、第30回になる、3泊4日の「子どもキャンプ」での体験がとっても大切であると痛感する。

初日の雨、普通の雨ではない、バケツをひっくり返したような雨である。
みるみるうちに、地面に川が出来、地面がどろどろになる。
屋根にしたビニールシートから滝のように雨が流れる・・・。
そんな時、テントがつぶれないようにシートをじっと持つ中学生。
テントへの水の浸入を少しでも減らすための溝堀、ロープの張りを強くしたりする。
雨具を着ていてもびっしょりである。
班を引っ張る中学生の役どころである。

誰かがやらなければいけない・・
薄暗くなり、心細くもなる・・・。
こんな体験もなかなか味わえない。
4年生の頃は、頼りない感じもしたけれど・・・
逞しくなったなぁと・・・。
感心する。我慢すること、どうしたらよいか考える力、(天気などを予想したり、雨のときの対策など)
また、まわりとの関係での自分の役どころの発見など・・・
大事な体験になっています。

三田

その66 『中学で文化祭』
ƥ꡼ȥå
2005年

その64 『子どもを取り巻く状況』
活動アルバム
広報 一覧
酸欠中学生 一覧
OH 酸欠中学生時代
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年以前
このサイトについて / 個人情報保護ポリシー / リンク/ ダウンロード/ お問い合せ/ サイトマップ
+ + theme design by kitahotaru