最新ニュース
メインメニュー
活動紹介メニュー
投稿メニュー
児童自立支援施設を知っていますか?

児童自立支援施設(じどうじりつしえんしせつ)とは、犯罪などの不良行為をしたり、またはするおそれがある児童や、家庭環境等から生活指導を要する児童を入所または通所させ、必要な指導を行なって自立を支援する児童福祉施設である。

また、退所後の児童にたいしても必要な相談や援助を行なう。
児童福祉法第44条に定めがある。
かつては教護院(きょうごいん)という名称であったが、1998年4月に現在の名称に改められた。

入所理由の多くは児童相談所の措置によるものであるが、少年法に基づく審判の結果、送致が決定した児童は、児童自立支援施設に送致されることもある。

こちらの地域には、都立誠明学園(青梅市)や都立萩山実務学校(東村山市)が所在します。
誠明学園の敷地内には公立の小中学校(東小・東中)が設置され、連携をはかりながら義務教育を実施している。
学校では、基礎学力の向上に重点を置きながら学校生活を楽しめるように取り組んでいます。

野球やサッカーのグランドや体育館、プールなど設備は十分です。
さらに、社会生活に必要な知識の習得にもつとめており、農耕や木工、縫工の学習を行い働く喜びを学んでいる。

支援中学を卒業した子どもたちの50%が半年間で元の生活に戻ってしまうという課題もあり、卒業後の支援も行われています。

三田
ƥ꡼ȥå
OH 酸欠中学生時代
活動アルバム
広報 一覧
酸欠中学生 一覧
OH 酸欠中学生時代
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年以前
このサイトについて / 個人情報保護ポリシー / リンク/ ダウンロード/ お問い合せ/ サイトマップ
+ + theme design by kitahotaru